洗顔

竹塩石鹸プレミアムの効果をレビュー

投稿日:2018年10月13日 更新日:

竹塩石鹸プレミアムってその名の通り竹と塩でできた石鹸です。

黒い色は竹の炭を使ってるからで、使っていると白い色が浮き上がってきます。

竹と塩はともに殺菌能力に優れたのもです。

自然界の良い物を使ってる竹塩石鹸がどんなものなのか前から興味はありました。

竹だけじゃなく竹を炭にして使うところがかなり研究されているなって思います。

竹塩石鹸の効果をレビュー

まず待ちに待った竹塩石鹸が届きました。

専用の泡だて器っても400円くらいするそうですが、見た目はそうは見えません。

100均の方が華やかですが、機能が違うと無理やり思うことにします。

箱から取り出すとネットに入った石鹸が登場します。

使い方など書いたパンフレットも入っていました。

さすがに黒い色してるのでワクワクします。

早速使おうとしたら石鹸にビニールで真空パックされています。

真空パックされたビニールを幅さないと使えません。

塩の白さがプチプチと見えます。

泡立ちから検証

大した汚れていない顔を石鹸使いたさに洗ってみます。

水で泡立てますが泡出しません。

わたし
あれー♪

ビニールははがしたけどまだ何かついてるのか?

でもちょっとは泡立つのでついてるわけがないんです。

思ったより泡立ちが悪いのでがっかりしていると本に書いてるじゃないですか?

1回目2回目は泡が立ちづらいですって…

何だって思いながらちょっとの泡で洗顔しました。

洗顔し終わってからよく見ると水ではなくお湯で泡立てるそうです。

3回目のお湯を使った泡立ち

2回目も期待するほど泡立ちはよくありませんでした。

本に書いてあった3回目にいよいよ突入です。

おおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!

段々泡立ってきました。

やっぱり焦ってはダメで本の通り正確に使わなと効果は出ないってことです。

4回目はお風呂場

やっぱり竹塩石鹸が使いたくてお風呂場に持って行きました。

旦那を呼んでパシャリ!

物凄い泡です。

私が望んでいた泡がやっとできました。

この泡が汚れを綺麗さっぱり取り除きます。

竹塩石鹸へのこだわり

なんでそこまで竹塩にこだわっているかというと、洗った後の感じが他の石鹸にはない感じなんです。

昔塩で揉んだことありますが、本当にスベスベになるんです。

竹の炭と塩の力で汚れを綺麗にしてくれます。

竹はそのままでも切って使ったり割いて箸にしたりします。

節のついた竹をお椀代わりにして暖かいスープを入れたりご飯を入れたりします。

自然に生えてる竹を器として使えるんです。

塩の力はわかってますよね!

竹塩石鹸の匂い

竹塩石鹸の匂いは硫黄の匂いまではいかないで温泉の匂いですかね!

それが苦手だって人は使えませんが温泉に入れないって人は少ないでしょう。

この温泉みたいな匂いが塩の匂いなんっだそうです。

人工的な匂いはしないであくまで自然です。

塩の力で毛穴も綺麗にする

竹に効果もそうなんですが、塩も凄いんです。

サウナに行ったら塩って今ないですかね!

高いからやめたかもしれません。

塩は水分を吸い取るのもあるし肌をスベスベにしてくれるんです。

塩で戦争が起きるほど必要なミネラル分なんですが石鹸としては関係ありません。

水も凍らせる力もあるし氷を解かす力もあるんです。

竹を炭にした力

炭は脱臭効果もあり、冷蔵庫の脱臭剤や下駄箱の脱臭剤にも使われています。

竹を炭にしたものを水に入れて冷蔵庫に入れるともの凄い美味しいです。

まっ なんでも冷やせば美味しいのですが、竹でできた炭をお米を炊くのに使うとものすごい美味しいです。

ご飯を炊いたらすぐにわかります。

色んな力が備わっている竹と塩です。

体に悪いわけがないんです。

良い物しか使われていないからわたしもこだわっているんです。

高濃度竹塩石鹸

通常価格が3,780円が58%OFFの1,500円

定期コースですが返金保証もついているし、回数に縛りがないのがとても良いです。

もし苦手と考えられるのが匂いですか!

後はどんな石鹸より汚れが落ちると思います。

洗った後のしっとりタイプで保湿がすごいんです。

もうこれしか使えない感じです。

ツルツルのスベスベです。

置く台を100均の材料で作成

竹塩石鹸は置いていても小さくなることがないと書いてありますが、わたしは旦那が作ったかっこ悪い置台に置いてます。

アイスの棒をボンドでつけたかっこの悪い物です。

でも水分がすぐなくなり塩の白さが浮いてくる感じです。

良い石鹸台ないかな~♪

 

-洗顔

Copyright© 使用効果レビュー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.